友人40万貸した

友人に40万円貸した話

私の友人にお金を貸した話です。
その友人は、小学校からの幼馴染で、親友といえる一人です。
今から3年ほど前に、「車のローンや保険が払えなくて3万ほど貸してほしい。給料が入ったらすぐに返すから。」と言われました。
私は別に何も考えず、貸しました。
しかし、その月末になっても翌月の上旬になってもお金が返ってくることはありませんでした。
連絡が取れないということではなく、その友人とはお金を貸した後も頻繁に遊んでいました。
あえて、私の方から、お金はどうなった?とは聞きませんでした。
信頼できる友達だし、何も言わなくても今に返してくれるだろうと思っていました。
しかし、お金を返してくれないまま、2か月後にさらに5万貸してほしいといわれました。その時に初めて、え?っと思いましたが、困っているのを見ると断れない性格と、断ることで気まずい関係になるのが嫌で、お金を貸し続けました。
その間のその友人の生活ぶりといえば、会うたびに、服や化粧もばっちりしていて、数人の男と遊んでいて、携帯の料金は月2万ほど。といった感じでした。
貸した総額はいつの間にか40万になりました。
もしも、親しい友人にお金を貸してほしいといわれても、絶対に貸してはいけないと思います。
それができなかった私が言うのもなんですが、お金を貸して帰ってこないくらいなら、その友人と縁が切れた方がマシだと思います。
そもそも、友達から借金(それも返せる当てのない)する人なんて親友とは言えないと思います。
お金を借りるなら消費者金融からにした方が無難です。
参考動画キャッシング即日融資(アコム編)

キャッシング元キャッシング会社OLの秘密の話のTOPページに戻る